フォト

丹生谷真美のフィニッシングスクール

« わがなはうかんるり | トップページ | 夾竹桃 »

2017年5月30日 (火)

柘榴の花

端陽 相州道中  張問陶

杏子桜桃次第に円かなり
炎涼定まること無し麦秋の天
馬蹄歩歩来時の路...
眼を照らす榴花又た一年

拙訳:

杏も桜桃も次第に丸く熟してきた。
暑いと思えば涼しく、麦秋の空は定まらない。
馬のひづめは一歩一歩、来た道を帰る。
石榴の赤い花がまぶしい。
こうしてまた一年が過ぎていく。

今日は旧暦五月五日、
端午の節供、端陽です。

科挙の試験に今年もまた落ちて
失意の張問陶には
柘榴の花の鮮やかな赤が
まぶしく感じられたのでしょうね。

« わがなはうかんるり | トップページ | 夾竹桃 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

和歌、詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柘榴の花:

« わがなはうかんるり | トップページ | 夾竹桃 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

こちらの雑誌に執筆/取材協力させていただきました

最近のトラックバック


-天気予報コム-