フォト

丹生谷真美のフィニッシングスクール

« 春暁 | トップページ | 春色如流水 »

2019年4月12日 (金)

夜の衣をかへしてぞ着る

いとせめて恋しきときは
むばたまの夜の衣をかへしてぞ着る
           小野小町
        
恋しくて恋しくて切ないときは
夜の衣を裏返しに着て寝る。

衣を裏返しに着て寝ると
恋しい人に夢で逢える、
そんな言い伝えがあったそうで。

はるか遠い昔に生きた誰かの
恋のときめき、切ないまでの想いが
妙なる調べにのせた美しい言葉を通して
今生きている誰かの心を震わせるなんて。

歌こそ、言葉こそ、いとをかし。

今朝、心地よい眠りから覚めてすぐに
小野小町のお歌を詠じてみたくなったのは
愉似黒の寝間着を裏返しに着ていたから。

裏返ったポケットが
左右でひらひらしておりましたのも
恋する乙女心ゆえ、
ということにしておきます。

おはようございます。

« 春暁 | トップページ | 春色如流水 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春暁 | トップページ | 春色如流水 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

こちらの雑誌に執筆/取材協力させていただきました

最近のトラックバック


-天気予報コム-