フォト

丹生谷真美のフィニッシングスクール

« 紅旗征戎、吾が事に非ず | トップページ | 立夏 »

2019年5月 3日 (金)

牡丹

百花が咲き競い、
陽の光に若葉がきらきらと輝いています。

花の王とも富貴の花とも称される牡丹が
他の花の散るのを待って
固い蕾をおもむろに解き始めました。

「牡丹」 皮日休

残紅落ち尽くして始めて芳を吐く
佳名喚びて百花の王と作す
競ひ誇る天下無双の艶
独り占む人間第一の香

拙訳:
散り残った花が落ち尽くすとようやく花をほころばせ
麗しき名「百花の王」と呼び讃えられる。
天下に並ぶものの無い艶やかさを競い誇り
人の世で第一の香の誉れを独り占めしている。

それにしても
ちょっと褒め過ぎじゃないかしら。

おはようございます。

« 紅旗征戎、吾が事に非ず | トップページ | 立夏 »

和歌、詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅旗征戎、吾が事に非ず | トップページ | 立夏 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

こちらの雑誌に執筆/取材協力させていただきました

最近のトラックバック


-天気予報コム-