フォト

丹生谷真美のフィニッシングスクール

« 筆で年賀状 | トップページ | 山を歩く »

2019年11月26日 (火)

冬日

四時田園雑興 冬日其八  范成大          

榾柮煙無くして雪夜長し
地爐酒を煨すれば煖かきこと湯の如し
嗔る莫れ老婦盤飣無きを
笑って指さす灰中芋栗の香しきを

拙訳

木の切れ端が煙も立たず燃え
雪の夜は長い。
囲炉裏で温めた酒は
お湯のように温かい。
酒の肴がないからと言って
老婦を叱ってはいけない。
笑って指さす先の灰の中で
芋や栗が香ばしく焼けている。

« 筆で年賀状 | トップページ | 山を歩く »

和歌、詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 筆で年賀状 | トップページ | 山を歩く »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

こちらの雑誌に執筆/取材協力させていただきました

最近のトラックバック


-天気予報コム-