フォト

丹生谷真美のフィニッシングスクール

« 大統領の料理人 | トップページ | 二月つごもり »

2020年2月13日 (木)

早春

早春、水部張十八員外に呈す 韓愈
 
天街の小雨潤ふこと酥の如し
草色遥かに看ゆるも近づけば却って無し
最も是れ一年春の好き処
絶えて勝る烟柳の皇都に満つるに
 
拙訳
 
都大路に小雨が降って
道は練乳のように濡れている。
遥か遠くから草の色が見えるが、
近づくと却って見えなくなってしまう。
春は一年で最もよい季節だ。
天子が住まわれる都に
煙ったように柳があふれる光景は
何よりも美しい。

« 大統領の料理人 | トップページ | 二月つごもり »

和歌、詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大統領の料理人 | トップページ | 二月つごもり »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

こちらの雑誌に執筆/取材協力させていただきました

最近のトラックバック


-天気予報コム-