フォト

丹生谷真美のフィニッシングスクール

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月の7件の記事

2020年4月25日 (土)

柳暗花明又一村

山重水複路無きかと疑ふに 

柳暗花明又一村 

 

山が幾重にも重なり 

川は入り組んでいる。 

もう路がないかと危ぶんでいると、 

柳の影がほの暗く 

花が明るく咲いた向うに 

村がまた一つ見えてきた。 

 

陸游「山西の村に遊ぶ」より。 

 

「柳暗花明又一村」と思えば 

重なる山も入り組んだ水も美しい。 

 

曲がりくねった道を

迷いながら歩いてきたからこそ

柳が影を落とし、

花が咲き乱れるその先に 

人里を見つけた時の喜びは大きい。 

 

平らで真っ直ぐな道を歩んでいたら 

この喜びは、ない。 

 

そう思いながら

柳暗花明を求めて

道なき道を迷いながら歩く。

2020年4月24日 (金)

STAY HOME!

山泉にて茶を煎て懐い有り 白居易

坐して酌む冷冷の水
看て煎る瑟瑟の塵
一盞を持して
茶を愛する人に寄与するに由無し

拙訳:

山泉に座って冷たく澄んだ水を汲み
目の前で緑濃き茶を点てる。
この一服を茶を愛する人に届けたいが
惜しむらくはその術がない。

山泉ははるか遠けれど
家にありても思いは同じ。

一盞を持して
茶を愛する人に寄与するに由無し。

STAY HOME!

 

2020年4月22日 (水)

ご挨拶

自粛とて 見る人もなき桜花        さびしからむと雪散りさそふ        

新型コロナウイルス騒動で花を愛でる人も少ない中、雪で心まで凍えそうな弥生の末でございました。

ちょうどあの頃より、すべての授業を自粛休講し経過を見守っておりましたが、このたび、東京都では「茶道教室」「書道教室」にも休業の要請がございました。

先の見えない状況下にあって、事態の一日も早い収束を祈りつつ、それまで、おめもじ叶わずさびしくは存じますが、「茶道」「書道」に限らず、すべての講座を自粛休講させてくださいませ。

GW中には【オンライン講座】を始める予定でございます。パソコンやスマホを通してお目にかかれましたら嬉しゅうございます。

それまで、どうぞくれぐれも御身おいといあそばされますよう。

2020年4月16日 (木)

心自ずと閑なり。

山中問答 李白

余に問う何の意ぞ碧山に栖むと
笑って答えず心自ずから閑なり
桃花流水杳然として去り
別に天地の人閒に非ざる有り

拙訳:

人は私に尋ねる。
どうしてこんな緑深い
山奥に住むのかと。
私は笑って答えない。
心はのびのびと穏やかだ。
桃の花びらを浮かべ、
水は悠然と流れていく。
ここは俗世間とは違う
別天地なのだ。

我が住まいは
山中にはございませんが
田園っぽい地名は
当たらずと雖も遠からず。

ちょっと歩けば
多摩川は桜の花びらを浮かべ
悠然と流れております。

心自ずと閑なり。

さらに教室も自粛お休み中の今は
訪ねくるものとてなく、

四月の予定表は、なんと
「確定申告」
「和歌締切』
「原稿締切」
この三つだけ。

確定申告は先週ようやく終え 
残りの二つも
今週末には終わってしまいます。

その後は困るくらい、
別に天地の人閒に非ざるくらい、
自ずと閑なり。

いよいよオンライン授業でも
始めることにいたしますか。

おはようございます。

2020年4月13日 (月)

大地を潤す恵みの雨。
お散歩はお休みです。

ここ数日
ご近所をお散歩中に見かけた花を
思い出す順に。

八重桜

乙女椿
花海棠
花水木
山吹
雪柳
石楠花
紫木蓮
満天星躑躅
馬酔木
花蘇芳
躑躅
三葉躑躅
源平花桃
土佐水木
木香薔薇
小手鞠
八手花笠(レンテンローズのことだけれど!)

百花繚乱、
花の咲き競うこの季節。

花は命の限りを
精一杯に咲かせています。

私も精一杯、
今日こそ原稿を仕上げます!

おうちで過ごすかたも
お仕事に出るかたも 
笑顔の一日でありますように。

2020年4月12日 (日)

いとせめて

歴史は繰り返す。

ちょうど一年前の記事でした。
リサイクルだかリユースだか、
フルに再利用いたします。

↓  ↓  ↓

いとせめて恋しきときは
むばたまの夜の衣をかへしてぞ着る         
            小野小町

恋しくて恋しくて切ないときは
夜の衣を裏返しに着る。

衣を裏返しに着て寝ると
恋しい人に夢で逢える、

そんな言い伝えがあったそうで。

はるか遠い昔に生きた誰かの
恋のときめき、切ないまでの想いが
妙なる調べにのせた美しい言葉を通して
今生きている誰かの心を震わせるなんて。

歌こそ、言葉こそ、をかしけれ。

今朝、心地よい眠りから覚めてすぐに
小野小町のお歌を詠じてみたくなったのは
愉似黒の寝間着を裏返しに着ていたことに
気づいたから。

裏返ったポケットが
左右でひらひらしておりましたのも
恋する乙女心ゆえ、
ということにしておきます。

 

おはようございます。

2020年4月 5日 (日)

いいね!光源氏くん

NHKドラマ『いいね!光源氏くん』で

和歌を担当させていただいております。

9410414bbe0e47d387a0282c409113b2

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

こちらの雑誌に執筆/取材協力させていただきました

最近のトラックバック


-天気予報コム-