フォト

丹生谷真美のフィニッシングスクール

« 手紙 | トップページ | 秋 »

2020年9月10日 (木)

九月十日

九月十日即事 李白

昨日登高罷み
今朝更に觴を挙ぐ
菊花何ぞ太だ苦しき
此の両重陽に遭う

拙訳:

昨日登高の宴は終わったのに
今朝も更に盃を挙げている。
菊の花には何とも気の毒なこと、
このように
二度目の重陽に出逢うとは。

左遷されちゃったし、
と勢いに任せて
朝からやけ酒の迎え酒で詩を一篇。
さすが李白大先生。
あっぱれです。

時代は下り、国は異なれど
菅原道真公が配流先の大宰府で
嘆きながら詩を詠じたのも
同じ九月十日でした。

九月十日

去年の今夜清涼に待す
秋思の詩篇獨り斷腸
恩賜の御衣は今此こに在り
捧持して毎日餘香を拝す

拙訳:

去年の今夜は清涼殿で
お傍近くお仕えしていたのに。
「秋思」という勅題で 
詩篇を詠んだこと、
ただ断腸の思いなり。
あの折賜った御衣は
今もここにある。
毎日捧げ持っては
残り香を拝するばかり。

こんな嘆き節まで
大和言葉のお歌ではなく
外国語の詩にできてしまうところが
この方の才能であり
弱点でもあったのでしょうか。

そんなこんなであっちもこっちも
思うに任せぬは人生と
思い知らされる今日、
九月十日でございます。

おはようございます。

« 手紙 | トップページ | 秋 »

和歌、詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手紙 | トップページ | 秋 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

こちらの雑誌に執筆/取材協力させていただきました

最近のトラックバック


-天気予報コム-